印鑑の「あたり」の有無に込められている日本人の優しい心遣い

SITEMAP

A seal that suits you

印鑑を使い分ける必要性とは

私たちが生活するうえで、入学や就職の場面や、何かを販売したり、買い取ってもらったり、ローンを組むときなどで、何かを契約したりする場合に印鑑は用いられ、日常生活の中では、ネットショッピングや通販を利用したときに、荷物を受け取る際や、回覧板のサインをするときにも用いられます。
印鑑は、郵便局や銀行で口座を開設するときや、高額な預貯金を引き出すときには、お金が絡むので、100円ショップなどの安い印鑑は使わずに、きちんとハンコ店で購入した自分専用のものを使わなければ、他人でも容易に現金を引き出せるようになり、なりすましの事件に発展してしまうことを防げなくなります。安全面やセキュリティ対策として、そうしたほうが安心できます。
宅配業者や回覧板へのサインや、中古ショップで本やDVDを売るときのサインは、なりすましされても、重大な事件に発展する可能性が低いので、100円ショップの印鑑で充分だと思います。しかし、たいがいの名字のハンコは100円ショップで購入できますが、複雑な名字や珍しい苗字だと、100円ショップでは売っていないので、ハンコ店で購入するしかなくなり、印鑑の購入においての出費が、どうしても高くなってしまいます。

LATEST RECENT

POST LIST

TOP